2008年09月29日

酉・雑誌からネタを拝借★

【ブス】(10/13)

SPA!に「ブスが白人男にモテモテは本当なのか?」という特集がありました。

私の感覚では,ブスが美人よりよりもてるということはないと思うけど,外国人男性が日本人男性が見ていない部分に魅力を感じることは多々あるとは思います。

例えば,顔でいえば,日本人の感覚からいえばむしろブスではないかと思われるルーシー・リューがチャーリーズ・エンジェルを演じられるように,白人はのっぺりした顔にエキゾチックな魅力を感じるのかも知れません。

それから,やはり甘やかされていないという点も大きい。
日本にはレディーファーストのようなものもないし,美人なら子供の頃からちやほやされることに慣れているけれど,ブスの場合は自分でなんでもこなす習慣ができている。母親のようになんでもやってくれる日本女性に魅力を感じる外国人男性もいることでしょう。

特殊な例としてはアフリカやアラブ。
あちらでは太った女性がもてもてです。

いずれにしても,先進国における美醜の感覚というのはさほど変わらないとは思うのですが,見た目が違って当たり前の外国人に対しては,白人は恋愛対象の選択において「顔」というのはあまり重視していないのかも知れません。

こんなミニコミ誌がありました。
バハマ
「ブスによるブスのためのミニコミ」

私はまだしっかり読んでいませんが,お暇な人はどうぞ♪
posted by 李徴 at 19:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。