2008年09月29日

未・社会問題★

【ビル火災】(10/8)

時事問題の方ともかぶるのですが,こちらでも。
むしろ逆にした方が良かったかな。まあいいや♪

今回,なぜか,ネットカフェは危険だという論調を多く見かけます。
そんなに危険だろうか?相対的に見て。
今回の事件は厳密に言えば,ネットカフェではなく個室ビデオ店です。
ネットカフェで火災があったという事件はまだ聞いたことがありません。
今回の件にしても,放火です。つまり犯罪事件。
故意に火を点けたのですから,そこはネットカフェであろうが,個室ビデオ店であろうが,そりゃ被害が出るでしょう。

1980年には,新宿でバス放火事件がありました。
1人の男がバスの中でガソリンをぶちまけ火を放ったのです。
6人が亡くなりました。
これに対し,バスの防火体制ができていなかったという人がいるでしょうか。

たしかに,防災の観点から見て,あの手の雑居ビルにはかなり問題がありますが,それは,個室ビデオ店やネットカフェに限ったものではありません。
新宿歌舞伎町雑居ビルの放火事件では,麻雀店とキャバクラが被害に遭い,44人が亡くなりました。
カラオケ店やディスコの火災も多いです。
ディスコ事件簿

そして,この事件とネカフェ難民を結びつけるのもどうかと思う。
別件として論じるべきでしょう。
posted by 李徴 at 19:15| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
る〜♡ (10/09, 19:45)
李徴さんの意見に賛成。
ネカフェ=寝泊りスペースという前提で話を進めるのもおかしいなぁと掲示板で思ったのですが、私の意図する所が伝わらなかったので、あのコメから撤退しました。
まったく別の問題なのに…






李徴 (10/11, 16:55)
「実際には寝泊まりのスペースとして利用されているのだから宿泊施設としての法律を適用すべきだ」と主張しているのでしょうが,たぶん言ってる本人は宿初施設だとどのような法律が適用されるのかとかよく知らないと思います。そこには完全にあれが放火という犯罪であるという視点が抜け落ちています。
よほどしっかりした防火設備がなければ,放火による被害を避けることはできません。

防火については,窓の少ない雑居ビルに入っている店舗全体が似たようなもので,ネカフェに限ったものではないんですよね。

そういった問題と,ネカフェ難民の問題を同時に話すってのはやはり無理があります。話をまとめるのが上手な人なら可能かも知れないけれど・・・。


Posted by 李徴 at 2008年11月06日 04:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。