2008年09月01日

マラソンは競技の固有名詞

マラソンとは42.195キロを走る競技のこと。
ハーフマラソンはその半分,クォーターマラソンは4分の1。
では,24時間テレビの100キロマラソンは?

たぶん言葉としては間違っているんだろうな。

ほかに言いようはないのだろうか。
100キロジョギングじゃあ和やかすぎる。
100キロランニングが妥当な線か。

ちなみに私もかつてはよく間違っていました。
ジョギングのことをマラソンとか言ったりして。
「毎朝マラソンしてます」とか。
そんな生活を送ってたら死んじゃいます。
(^o^)ハハハ
posted by 李徴 at 03:51| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月31日

エドはるみが歩いています

24時間テレビに対する批判は色々ありますが,
私はおおむね好意的に見ています。(ほとんど観てないけど)

ただ,あの100キロマラソンだけはどうかなと思う。
障害者が何かに挑戦するのは,事故がないよう万全の態勢で臨んでいるのであればまあいい。彼らにとっても何かのきっかけになるだろうし。

100キロマラソンには必ず苦しみがあり,その苦しみを克服したのちに感動が待っている。しかし,この苦しみというのは,わざわざ作られたもの。
作為的な苦しみ。

テレビではしばしばこの種の感動が作り出されています。

いっそのこと,人はどこまで感動できるものなのか,徹底的にやって欲しい。
オナラ連発の世界記録に挑むとか。
あと一発で世界記録達成。
みんなが固唾をのんで見守っているところでミが出で記録達成ならず。
うちひしがれる挑戦者に温かい声をかける徳光さん。
(^o^)ハハハ
posted by 李徴 at 14:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月28日

中村うさぎのススメ

ツッコミ小人について考えてみた。

これはおそらく中村うさぎさんの造語。
造語というか造概念か。

ツッコミ小人は脳内に住んでいます。
この小人がたくさんいる人ほど自分のことを客観視でき,
自制がききます。

ただ,思い切ったことができなくなるという難点もある。
冷めた小人が常に見つめていて,
己の愚かな言動に突っ込みを入れてきます。

セイクラブの日記では「いい年した大人が何をやっているんだ」などの批判をよく見かけます。
いい年して恥ずかしいことをしている大人はたぶんツッコミ小人の少ない人。
でも,ツッコミ小人が少ない人が不幸せとは限らない。
かえって幸せかも。


さあ,皆さんも中村うさぎの文章を読んでみましょう♪


イタい女の作られ方
posted by 李徴 at 05:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【重要】SayClub終了のお知らせ

かなり不評みたいです。

私としてはそれほど邪魔には感じませんが,
ユーザーに確実に伝えたいのであれば他に方法があるだろうとは思う。

例えば,トップページのお知らせ。
あそこにこそ,もっと大きな字で赤字を用い掲示すべきでしょう。

それから,【重要】SayClub終了のお知らせの横にある
「詳しい案内を見る」がよくわからない。

どのあたりが詳しいのか。
全く同じページが現れるのですけど。

詳しいと言えば,ユーザーとしてはいつまで日記を投稿できるのか,
いつまでチャットをできるのか等々,それぞれのコンテンツについて詳しく知りたいのです。

そろそろ,お知らせに出るとは思いますが,
ホムピィの「詳しい案内を見る」は必要ありませんね。
posted by 李徴 at 04:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まだまだ若い者には

と思っていたけど,膝に来た。

歩道橋にも色々あり,自転車用にスロープが設けられているタイプもあります。あれは自転車に乗ったまま渡っても特に問題はありません。

しかし,普通タイプの歩道橋。
階段の間に,1メートルほどの自転車用の道が設けられているタイプの場合は,普通は自転車から下りて押して上がります。

が,私は今日,乗ったまま上がることにチャレンジ。
頂上まで上がることには成功したものの,
なにやら膝に尋常ならぬ痛みが。




みんな,無理はやめようね。
(^_^)ニコニコ
posted by 李徴 at 01:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月27日

渡らざるを得ない人

私は赤信号では100%止まります。
威張る事ではないけれど,今の世の中結構珍しいことかもしれません。
特に自転車,歩行者の場合,信号無視はごく普通に行われていますよね。


先ほども面白い信号無視を見ました。
仕事上の上司と部下といった感じの二人。
部下は信号を守りたそうにしているんだけど,
上司がズンズン渡って行ってしまう。
部下はやむを得ずばつが悪そうに周囲をうかがいつつ信号無視。

一人でいる時には,信号を守る人は守るし,守らない人は守らないしで,特にストレスとなることはないでしょうが,二人以上となると,いろいろとやっかいですね。

恋人同士だったらどうだろう。引っ張る方が信号を守る人なら問題はないだろうけど,引っ張る方が信号を守らない人だと先に挙げた上司と部下のようになるかな。こういった価値観の違いがつもりにつもって別れに結びつくこともあるかも。

私と一緒に行動する人は信号無視をしないようにね。
首根っこを掴んで引き戻します♪(^_^)ニコニコ
posted by 李徴 at 12:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パラリンピックに対する違和感

パラリンピックにどう対峙したらいいのか私の気持ちはいまだ定まっていない。

福祉・人道的なものとしてとらえればいいのか,
それとも特殊な競技としてとらえればいいのか。

前者であるならば,「障害があるのにすごいねえ」と眼を細めながら見ることになるし,後者ならオリンピックとそう大差はなく見ることができる。

前者であるならば,つまらない競技をつまらないと言ってはいけないけれど,後者なら言っても構わない。


私の中では両者が混在しています。
だから,パラリンピックを見ていてどうも落ち着かないのです。

今回,ナタリー・デュトイトという選手が出てきて,私の混乱にさらに拍車がかかっています。
彼女は交通事故で左足を切断したのですが,今回オリンピックの遠泳に参加しました。国内の選考大会に参加し,代表権を獲得したのです。
ナタリー・デュトイト 左足切断 北京 で注目の スイマー
卓球にもナタリア・パルティカという選手がいます。
隻腕の卓球選手、北京五輪で健闘

二人はパラリンピックにも出場するとのこと。
おそらく金メダルを獲得することでしょう。

オリンピックにおいて,健常者と障害者が同じ競技で戦う様子を目にした今,パラリンピックというものがますますわからなくなってきます。



ただ,パラリンピック独自の競技はすごくわかりやすいです。
例えば,特殊な車いすに乗った競技などは。
普段から車いす生活,あるいは松葉杖生活を送っている人の腕力は相当なものです。その腕力をアスリートとしてさらに鍛え上げれば,健常者以上の超人的な技を繰り出すことができます。
この種の競技は障害だとかややこしいことを考えずに,競技に熱中することができます。
Yahoo!の北京パラリンピック日本選手団にエールを送ろう!というページには「プロスポーツとしてのパラリンピック」というコーナーがありますが,まさしくそれです。

それから,装具の問題もありますね。
どこまで装具は進歩していくのでしょうか。
このあたりはただのスポーツではなく,医学の分野とも関わっています。パラリンピックのために開発した装具が一般の医療分野でも役立つということが出てくるかもしれません。パラリンピックが装具の見本市になる可能性もありますが,医学の進歩のためには悪いことではないですね。選手間に装具格差が生じる可能性はありますが。


とまあ,パラリンピックは非常にややこしいイベントです。
我々はこのイベントにいかに向き合えばいいのでしょう。



パラリンピックを応援しよう
posted by 李徴 at 04:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月26日

さらにオリンピックネタ

シンクロで日本の選手が気を失いましたが,
私が気になったのは,原因とか,その後の様態とかではありません。




http://sankei.jp.msn.com/photos/sports/other/080823/oth0808232203021-p2.htm




このメタボ兄弟は何者?

いや兄弟じゃないかもしれないけど(笑)

日本の交通安全週間に暇な年配警察官が動員されるように,
北京五輪では暇な退役軍人などが動員されていたのかな。
posted by 李徴 at 02:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今さらながらオリンピックの開会式

チャンイーモウ監督が演出した開会式は確かに素晴らしかった。
でも,あれはやっぱりいらないな。
何より,選手への負担が大きすぎる。

完璧な開会式とするために,選手たちはたぶんどこかで待機させられていたことでしょう。中国万歳の絵巻物の為にアスリートはずっと待たされていた。おそらく血の巡りも悪くなったのではないかな。さすがに体育座りで待っていたということはないでしょうが(笑)

ずいぶん疲れたことでしょう。
鈴木桂治の敗因も案外そのあたりにあるのではないかと思えてしまう。

次回から選手に負担をかけないオリンピック運営をして欲しい。
主将制度もやめた方がいいんじゃないかな。
誰かJOCのお偉いさんにでもやらせればいい。

ちなみに開会式ではボランティアスタッフなどを含め,500人以上が倒れているらしい。
posted by 李徴 at 02:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月24日

反革命的歯並び少女のその後

開会式の口パク事件。
どう切り込むかでブロガーとしての手腕を問われるネタかも(笑)


私としては,歌担当の少女がさほど気にしてないようなのでスルーするつもりだったのですが,先ほどある情報を入手したので,それを簡単に紹介してみようかと思います。

なんと歌担当の少女が通う学校の先生がブログで彼女について語っていたのです。

先生のブログ(中国語)

先生情報によると,少女は表面的にはやはりたいしてショックは受けていないようですが,テレビなどはしっかりチェックしており,ビジュアル担当の少女だけ紹介されて,自分が全く触れられなかったりすると,それなりに傷ついたりしているようです。一度などは歯形がつくくらい自分の腕にかみついたとか。今は心配した両親が一時的によそに避難させているそうです。

それはさておき,ちょっと驚いたのが先生のブログ。
少女の写真を使いまくっているし,少女の個人情報などを垂れ流しています。日本だったら間違いなく炎上するでしょうね。中国的にはこういうのはOKみたいです。
posted by 李徴 at 16:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スカートめくり

今テレビで『20世紀少年』の宣伝番組をやっていたのですが,その中でスカートめくりの話題が出てきました。
学校の中でセクハラが公認されていた古き良き時代だと(笑)

やっぱりおませな女の子なんかは「スカートめくりされるから可愛いパンツ買ってよ」とかお母さんに言ってたのかなあ。

20世紀少女の皆さんの告白をお待ちしております♪
posted by 李徴 at 15:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月22日

福士加代子

頑張ったのはわかる。
しかし,一体何を考えているのか。

5000メートル予選において,前半のレースを日本記録を上回るような高速ペースにもちこみ,後半に力尽きる。一緒に走った赤羽も高速に耐えられずにつぶれる。

それだけならまだしも,別の組で走った小林祐梨子が決勝に残る可能性をもつぶしてしまいました。もし福士があんな高速ペースでレースを引っ張らなければ,小林はおそらく決勝に残ったことでしょう。

レース後のコメントで「高速レースでみんなをつぶしてしまうと思った」と訳のわからないことを語っていますが,世界のトップアスリートを甘く見すぎ。ついて行けるペースならついていくし,異常なペースだと思えばついていかない。みんな体にペース配分がたたき込まれています。

北京オリンピックの「なんなんだ君は!大賞」は福士に決定♪



http://plaza.rakuten.co.jp/akeriin/diary/200808200001/
私と同意見のブログ

http://beijing.yahoo.co.jp/event/result/AT?i=050&s=W&ph=8
女子5000m予選の結果
小林は0.75秒の差で予選落ち。
posted by 李徴 at 20:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国人があることに気がついた

オリンピックを見ていると,多くの国に帰化した中国人がいる。
でも,中国チームにはにはなぜか元アメリカ人とか,元日本人がいない。
なぜだろうかと。

中国人としては,中国も同じようにしたらもっと金メダルが取れるのにと残念に思っているもよう。

私が思うに,中国人になりたいアスリートがいないということではないでしょうか。井村コーチのようにビジネスとして中国で教える分にはいいけれど,中国人になるメリットは何もないわけで。

中国人は次のような疑問も投げかけています。

男子110メートルハードルで金メダルを獲得したキューバのデイロン・ロブレスが仮に中国国籍を取り世界記録を出したとしたら,我々は劉翔同様に彼をたたえることができるだろうか?
ボルトが中国の代表として100メートル200メートルで金メダルを取ったとしたら,中国人として彼を中国人の誇りと感じることができるだろうか。

これは非常に面白い問題提起です。

今の中国は「中華民族」という民族を作り出し,様々な人種・民族を1つにまとめようとしています。建前はチベット人もウイグル人も中国人ということにしていますが,本音を言えば,彼らを中国人ということには違和感を覚えているはず。大多数の漢民族にとって中国人と言えば漢民族なんです。中国人(中華民族)というのはあくまで政治的な存在であり,中国人自身の思いは実に複雑。元々がそういう状態ですから,そこにキューバ人が入っても,ジャマイカ人が入っても,建前では「中国人の誇り」と考えることができるんじゃないかな。

では,日本ならどうか?

サッカーなどでは帰化する選手が多いですが,日本人は本当に日本人になりたくて帰化したのか,ジーーーっと見ている人が多いような気がします。日本人になった方が得だからと言う考えでなった人はあまり歓迎されません。そういうのがおそらく伝わるのでしょう。帰化した外国人はことさらに愛国心をアピールしたりします。ラモス瑠偉にしろ三都主にしろ。

中国に帰化し,彼らほど中国に溶け込もうとするスポーツ選手が今後出てくるか否か。なかなか興味深い問題です。
posted by 李徴 at 12:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月21日

水餃子を作ってもらう気満々

以前↓のような超豪華料理を作ってくれた中国人留学生がいました。



私もその後水餃子を自分で作ってみました。






その留学生が我が家で水餃子を作るという話が持ち上がっております。

超豪華料理の時は品数が多く,一時間以上お預けを食らったので,
今回は水餃子だけをガツガツ食いたいところ。

こんなのも楽天で買ったりして,準備は万全。

やはりこれも買っておくべきか。安い物を楽天で買うと送料が高くついてしまいます。カルフールに置いてあればベスト。中秋節の時中華街で買ってもいいかな。


いつ,実現するかな〜。o(^-^)o ワクワク
posted by 李徴 at 10:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月20日

中国人も批判するオリンピック報道

日本のテレビが日本人選手の試合ばかり放送すること自体は何の問題もありません。放送時間は限られているし,何かを選択しなければならない。その何かは当然のことながら日本人が出る試合と注目されている試合になるのは必然。

さて,私がよくのぞきに行く在日中国人が集まる掲示板ですが,
そこでは毎日のように日本メディアが批判されまくっています。
もう日本のテレビは見ないと言いつつみんなよく見ています(笑)

無茶苦茶な批判,人種差別的な批判も多いですが,中には的を射た鋭い批判もあります。

例えば,メダリストの扱い方。
日本人のメダリストを大きく取り上げるのはいいのですが,
例えば,日本人が銅メダルを獲得した時,銀メダル,金メダルを獲得した人のことをほとんど報じないことを指摘しています。

そうかもしれない。

超有名なメダリストはしっかり報じますが,それほどでもないメダリストは無視されることが多い。
日本人中心でも全く問題はないのだけれど,メダリストくらいは他国の人であっても敬意をもって報じて欲しいものです。同じインタビューを何度も何度も流す時間があるんだから,そのくらいのことはできるでしょう。
posted by 李徴 at 08:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

セイチャット終了。で,君は誰?

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
セイチャット終了? 閉鎖してもチャベリでチャット!
無料チャット「チャベリ」は、登録不要ですぐに遊べるみんなのチャット広場です。
セイチャットが終了のお知らせを受け、無料チャット「チャベリ」では、チャットファンのみなさんに、引き続きチャットをお楽しみいただきたいと考えています。セイチャット閉鎖後も、ぜひ、お友だちとお誘い合わせのうえ、チャベリをご利用ください。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

チャベリ


運営しているのはガイアックス?
セイクラブと何か関係があるのかな?
単に便乗しているだけ?
それともセイチャットって実はチャット界ではかなり有名で,
その閉鎖がチャットサイトで取り上げられるのは自然なことなのかな。
posted by 李徴 at 06:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

余裕をかます男

オリンピックの短距離走,なんだかラストで余裕をかましている人がいますね。
何でああいうことをするんだろう。

@体力の消耗を減らす為。
A己の力を誇示するため。
B記録は決勝までお預けよ♪
C頑張っている俺を客観的に見ると,こっ恥ずかしい。
D他の選手に対する威嚇。
E祖父の遺言。
F宗教上の理由。

さて,答えはどれか。


余裕をかますといえば,私は大学時代,テストでは常に余裕をかましていました。大学のテストは30分経ったら教室から出ていいというルール。私はどんな難しいテストであろうと必ず30分で出ていました。実は過敏性腸症候群でテストになるとすぐにトイレに行きたくなるのが理由だったんだけど。(^o^)ハハハ


宗教上の理由といえば,なんといってもバーレーンのガサラ選手です。
サンスポ
彼女は女子200mの選手。
どんどん肌の露出が増えていく女子短距離界ですが,
そんな中にあって彼女が出しているのは手と顔だけ。
しかし,彼女は二次予選第2組でトップ。
全体でも6位のタイムを出して予選を通過しています。
彼女はもちろん余裕をかましているのではありません。
ちょっと応援したい選手です。
posted by 李徴 at 06:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

電灯発見!

引っ越しをして約2カ月。

今日,電灯を発見しました。

ダイニングキッチンは7畳あり,2畳ほどのキッチンがちょっと飛び出すような形になっています。

そのキッチン,何となく暗いなあとは思っていたんです。
で,さっきなにげに天井を見ると電灯があった!

いや〜,全然気がつかなかった♪
posted by 李徴 at 00:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月19日

シンクロの井村コーチ

日本のシンクロを育て上げた井村コーチ。
今は中国チームを育てています。

彼女はなぜ中国に移ったのか。

本人は日本人コーチのレベルの高さを世界に知らしめるため,
日本シンクロのレベルの高さを世界にアピールするためなどと
記者会見で説明していたけれど,おそらくそれだけではないでしょう。

間違いなく金銭的な要因も絡んでいるはず。

日本においてはどんなに心血注いでシンクロを育てようが,それを正当に評価されてこなかった。ところが,おそらく中国は,その価値をお金という形で彼女に示してくれた。これだけ自分を評価してくれるのであれば一つやってみようか,彼女はそう考えたんじゃないかな。

正当に評価されていないと感じる有能な人たちがどんどん海外に出て行ってしまう。スポーツならまだしも,学術的な分野での流出は日本にとっては痛手。

スポーツならまだしもといったのは,私は個人的に日本のスポーツはそんなに強くなくてもいいと思っているからです。強ければ強いでもちろんそれに越したことはなく,私も楽しめるのですが,それを国家がサポートするのはどうかなと思う。今さらスポーツで国威発揚もないし。アメリカや中国など巨大な国家は常に何かしらのシンボルを立てて国家を一つにまとめる必要があるけれど,日本はこの両国とは質の異なる国家です。オリンピックに参加する段になれば,国の代表として送り出すのですから,何らかのサポートをする必要がありますが,育成にまで関与する必要はありません。市場原理に任せればOK。



さて,中国に大いに評価された井村コーチ。
その実力が今日明らかになります!
posted by 李徴 at 10:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

嗚呼,なんてこったい

2ちゃんねるの例のセイクラブを観察するスレッド,
そろそろ落ちるなと思っていたんですが,
私のネタでまた生きかえってしまった(^^ゞ

↓の日記。
堀江謙一じゃなくて三浦雄一郎だろうってツッコミ。
はい,その通り♪

以前にも間違ったような記憶が。
(^o^)ハハハ
posted by 李徴 at 07:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。